大阪府中学校演劇協会 公式ホームページ Official Home page

  
    中演ロゴ      大阪府中学校演劇協会

126moriguti1.jpg
                         過去の名場面集その5 第126回演劇祭 守口市立守口第一中「 サンタは箱の中 」の舞台より

演劇を観る  演劇を創る

コロナウィルス 緊急事態宣言が発出されました! 
   第145回 演劇祭を中止します      2021.4.25          第40回 演劇夏季学校は来夏まで延期  

 4月25日 大阪府にコロナウィルス緊急事態宣言が発出されました。  
大阪中演劇協は、4月8日付で各中学校演劇部に第145回大阪府中学生演劇祭の開催を通知し参加を呼び掛けてきましたが、これを受けて145回演劇祭を中止することといたします。昨年春の第143回から3回連続の開催見送りという残念なことになりますが、コロナウィルスの蔓延防止のため、みなさんのご理解をお願いいたします。
 また、8月に開校を予定していた第40回演劇夏季学校も、同じ理由で開催を中止し、令和4年の夏に開催することといたします。



    大阪府中演協 当面の予定


● 第146回 大阪府中学生演劇祭(2021 秋の演劇祭)  
       会 場 大阪市立こども文化センター(大阪市此花区西九条)
       課 題 自由課題
       打合会   10月17日(日)  
       演劇祭 第1日目 11月20日(土)  第2日目 11月21日(日)
       合評会 12月4日(土)


● 第40回 演劇夏季学校 令和4年夏に開催予定
      開校日 8月 日 ~  日 (未定)
      会 場 国立曽爾青少年自然の家(奈良県/曽爾村)


おめでとうございます!             2021. 2. 18
    演劇夏季学校講師 笠井友仁さんが 
     「咲くやこの花賞」を受賞されました

大阪中演協主催の演劇夏季学校で講師を担当されている演出家の笠井友仁さん(劇団「エイチエムピ-・シアタ-・シアターカンパニ-」) が、大阪市から「咲くやこの花賞」を受賞されました。

笠井氏
 演劇夏季学校でエチュードを指導中の笠井さん(左端)

この賞は演劇・美術・音楽・芸能・文芸の5分野で、大阪文化の発展に貢献された若手芸術家に送られる賞で、昭和58年より大阪市が主宰しています。

今回の受賞理由は、「先鋭的独創的な表現で新たな演劇の在り方を発信するなど、大阪の次代を担う演出家として活躍されている」というもの。笠井さんの日頃の演劇活動が高く評価されました。

中学校演協では、昨年夏の演劇夏季学校で身体訓練や演出などの講座を担当していただく予定でしたが、残念ながらコロナウィルスのため中止になってしまいました。
今年の夏季学校では、是非講 で再会できますように!
「咲くやこの花賞」の受賞、おめでとうございます!



第142回 演劇祭 合評会             2019. 12.  1

  上演劇をめぐって、活発に話し合いました

12月1日(日)、第142回演劇祭の合評会が平野区民ホールで開催されました。参加校は9校。審査員は秦・武田の両先生が参加されました。

142回合評会

合評会では、スクリーンに写し出された舞台写真を観ながら、お互いに感想を述べあうなど、活発な話し合いが続きました。
審査員の評価を「拝聴」する場になりがちな合評会ですが、最近は演劇部員たちも積極的に発言するようになってきました。
今回も劇づくりのうえでの疑問や主張、悩みなどが多く語られ、幅広い意見交換の場所ともなりました。 参加校のみなさん、長時間の参加お疲れさんでした。


第142回 大阪府中学生演劇祭     2019.11. 2 ~ 3

  学校の文化祭と重なり、参加23校と少なめ

142友渕
最優秀賞 大阪市立友渕中学校「つづく…」の舞台

今回の演劇祭は「文化の日」の前後に開催されたため、学校の文化祭等と日程が重なり、演劇祭に参加できなかった学校が多くありました。

例年の日程での会場確保ができなかったために、みなさんに迷惑をかけてしまいました。
審査の結果

   最優秀賞(大阪府知事賞)は大阪市立友渕中の「つづく…」が、
   最優秀賞(大阪劇作研究同人会賞)は八尾市立曙川南「Starlight」
   が受賞。
 なお、曙川南中には戯曲賞も贈られました。 審査結果はこちら  


第39回 演劇夏季学校        2019. 8. 2 ~ 5

  多彩なプログラムと、
  集団創作・劇づくりに取り組みました

第39回演劇夏季学校は、2019年8月2日(金)~5日(月 )までの4日間、おなじみの「国立曽爾青少年自然の家」において開校されました。参加者は中学生47名、OBOG8名、講師スタッフ17名の総勢延べ72名。 身体訓練と発声
   実習 「身体訓練&発声」


今回の夏季学校では、講師にロシア舞台芸術大大学院卒のポリーナ・サムソーノヴァさんを迎え、「ロシアの子どもたちと演劇」についてのお話を伺ったり、音響デザイナーの前川OBによる音響効果の実践的な講座、元宝塚歌劇団美術部員の浅野雄太さん(現枚方市立津田中で美術を担当)の宝塚での大道具づくりのお話など多彩なプログラムが展開されました。

事務局  〒544-0013 大阪市生野区巽中1-4-12 柴田マンションa棟118
事務局長 板 橋 恭 介    Tel &Fax  075-622-8072 / 090-3168-1477