第139回 大阪府中学生演劇祭     2018.7.1(日)

    139回演劇祭 合評会に18校が参加

 7月1日(日)午後、平野区民ホールにおいて139回演劇祭の合評会が行われました。
 まるで真夏日のような30°Cを超す猛暑日でしたが、開会時刻には演劇祭参加校36校中半数の18校が参加、遅くまで熱心に審査員の講評に耳を傾けました。

139gappyou1.JPG
合評会に18校が参加。舞台写真を見ながら話し合いました。

 合評会では、山口・秦両審査員を中心に、まず上演校から上演劇に込めた思いや創作上考えたこと、困ったことなどが述べられ、会場からも質問・意見を出し合いました。最後に、両審査員から意見や評価を交えながら作品の出来栄えをまとめていただきました。


演劇祭初参加
帝塚山学院 泉ヶ丘中
学校

2年生の村山穂乃佳さんが合評会に出席してくれましたので、演劇祭初参加の感想を聞いてみました。
「どの学校もとても上手だったので、上演前は胸バクバク、不安がいっぱいでした。でも、いざ幕が開いた後は意外と落ち着いて演技することができました。顧問の先生に勧められての参加でしたが、こんな発表の場でたくさんの人に劇を見てもらえてとても嬉しかったかったです。これからも他校に負けないよう演劇祭に参加したいと思います!」と、力強く話してくれました。
  演劇祭への参加、大歓迎です! がんばれ、帝塚山学院泉ヶ丘中 演劇部!!


第139回 大阪府中学生演劇祭   2018.6.16(土) ~ 17(日)

    参加35校が練習の成果を発表
   プール学院中が6年ぶりに最優秀(府知事)賞を獲得

     <課題>は「そこそこ」は13校、「台」は23校が選択

 第139回大阪府中学生演劇祭は、2018年6月16日(土)・17日(日)の2日間にわたって開催されました。会場はいつもの平野区民ホール。梅雨の最中にもかかわらず、両日とも好天のなかで開催されました。
 参加校は大阪府下より36校、いずれも笑いあり涙ありの熱演で舞台を大きく盛り上げてくれました。今回の創作課題は「そこそこ」と「台」。「そこそこ」を選択したのは13校、「台」は23校でした。大阪弁の「そこそこ」はやや敬遠され気味。大阪の中学生もべたべたの大阪弁は苦手なのでしょうか?

プール学院中「北斗星の話」
  最優秀賞を受賞したプール学院中「北斗星の話」の舞台 

 審査の結果、プール学院中(私立)が上演した高橋恵美子作・演出の「北斗星の話」が最優秀賞(知事賞)を受賞。プール学園の最優秀賞受賞は6年ぶりでした。
最優秀賞(朝日放送賞)は清風南海中(私立) 佐藤 葵作・卜部花音演出の「ひかげぽっち」が獲得しました

 第139回演劇祭の合評会は、7月1日 午後1時~5時、演劇祭と同じ会場にて開催いたします。当日は、上演劇ごとに質疑応答を行ったり、審査員の講評を聞くことができます。多数の学校の参加をお待ちしています。


第38回(2018年度)
「中学生と指導者のための演劇夏季学校

  開校は8月1日(水)~8月4日(土)の3泊4日
  ただいま、参加申込み受付中です!

sintaikunren.jpg
昨年の夏季学校 実習「シアターゲームと発声練習」より

 今年度の演劇夏季学校の開校日程が下記の通り決まりました。
今年も、演劇好きの中学生や高校生、演劇部顧問の先生など、多数の参加をお待ちしています。

*募集要項は各学校の演劇部の顧問、生徒会担当などの先生方にお送りしています。必要な方は、事務局まで請求してください。

第38回 演劇夏季学校 募集要項  
主   催     大阪府中学校演劇協会・大阪市中学校演劇協会・大阪劇作研究同人会  
会   場     国立 曽爾青少年自然の家  奈良県 宇陀郡曽爾村 太良路  
期   日     8月 1日(水) ~ 8月4日(土) の3泊4日
参 加 費   ¥18、000(7月16日の説明会で納入してください。)
申込み方法   往復はがきに次の要領にてお申込みください。    
往信用(表)   はがきの送り先を記入 
        〒581-0044 大阪府八尾市木の本1-83  秦 比左子 宛て  
往信用(裏)     ①参加希望者の氏名 ②住所・電話番号 ③学校名、学年 
                  ④性別・年齢 を記入  
返信用(表)    参加申し込み者の住所・氏名を記入
返信用(裏)    何も記入しないでください。
         こちらから参加確認・説明会等のお知らせを記入し、返送します。

第138回 大阪府中学生演劇祭   2017.11.18(金)~19(土)

  大阪府下28校の演劇部が熱演
  最優秀賞は養精中(茨木市)と旭東中(大阪市) が受賞

曙川南「ククルヌ海」
      堺市立 南八下中「線路の向うに」の舞台より 

 第138回大阪府中学生演劇祭は、11月18日(土)・19日(日)の両日、平野区民ホールにおいて開催されました。当日は朝からあいにくの雨。11月とは思えない寒さでしたが、開会時刻の9時前には舞台装置や小道具を手にした演劇部員たちが続々と集まってきました。
 今回の演劇祭への参加申し込みは31校、3校の上演辞退があり上演校は28校
となりました。
 審査は今回も激戦となりましたが、最優秀大阪府知事賞は養精中学校(茨木市)が、最優秀朝日放送賞は旭東中学校(大阪市)が獲得しました
 演劇祭がテスト期間中と重なった学校も多く、テスト勉強と劇の練習を両立させるのは大変だったという声をたくさん聞きました。涙を呑んで不参加を選択した学校もあったのではと推測しています。公的なテストが増えたことや会場の都合などもあり、演劇祭の開催時期の選択がとても窮屈になっています。


第37回(2017年度)
 「中学生と指導者のための演劇夏季学校
      

  今年も、元気いっぱい講座や実習に汗を流しました!

tatigeiko.jpg
脚本製作~立稽古まで、自分たちだけで仕上げました。 卒業公演は目前です。

 第37回演劇夏季学校は7月30日(日) ~ 8月2日(水) までの3泊4日、今回も高原の風が涼しい「曽爾青少年自然の家」で開校されました。
 今回の参加者は中学生66名をはじめ、OBOGが11名、そのほか講師・先生方、スタッフなどを合わせて総勢103名。

前半は「身体訓練」や「発声練習」などぎっしりつまったスケジュールに汗を流し、後半は「個人創作」や「創作劇づくり」に取り組み、3日目の夜にはすべての座が卒業公演を成功させました。
連日、深夜にまで及ぶ厳しい日程でしたが全員元気はつらつ、一人の故障もなく全日程を成功裏にやり遂げました。  演劇夏季学校ホームページはこちら


脚本集「中学生のための短編劇選」

 大阪府中学生演劇祭で上演された作品の中から、選ばれた作品を収録しています。

      

       第1集       第2集       第3集        第4集 

      

   第5集       第6集        第7集        第8集 



         propose.jpg

      第9集          第10集

詳細はこちら

1~9集、いずれも\500
購入希望は大阪中演協・事務局090-3168-1477まで。





このページのtopへ

中演logo 事務局  〒544-0013 大阪市生野区巽中1-4-12 柴田マンションa棟118
事務局長 板 橋 恭 介  Tel&Fax 06-6758-2505/ 090-3168-1477