脚本作り1
 脚本作りは座長がリードします

脚本作り2
 話し合いは活発、でも鉛筆はなかなか走りません

白紙からの脚本作り

「集団創作」劇づくりは合宿初日夜から始まります。
劇づくりにあたってはテレビやアニメのまね事でなく、日常の暮らしの中に素材を求め、豊かな表現方法を工夫して内容豊かなドラマに仕上げましょう、と呼びかけがありました。

脚本作り3
 額を寄せ集め、話し合いは佳境に入ってます

脚本作り4
 意見が対立することもしばしば…。


夏季学校2日目
は、朝から講座や実習がぎっしりつまっているので、話し合いは食後や休憩時間に、寸暇を惜しんで取り組みます。
相談はプレーホ―ルで、大浴場前のギャラリーで、談話室でと、思い思いの場所を選んで進められていきます。




    話し合いは、座長の問いかけから始まります。「こんな劇をやりたい」「こんな人物を登場させたい」 …、
    いろいろな意見が出されますが、この段階ではどれも断片的。ストーリーとしてまとまり、展開していくに
    はまだまだ時間がかかりそうです。

脚本作り5
      脚本完成!にこにこ笑顔で製本中

脚本作り7
 進んでいる座の状況を聞くと、ちょっと焦ります

夏季学校2日目 夕食後

夕食後の集会で劇づくりの進行状況が尋ねられ、各座から劇づくりの現状が報告されました。
全くはかどっていない座、もう書き始めていますという座などいろいろです。
講座や実習は2日目の夕方ですべて終了、あとは劇づくりに集中することができます。

3日目にはセリフを覚え、練習しなければなりませんから、何としても脚本は今夜のうちに完成させなければなりません。いよいよ、脚本作りが本格化していきます。 寄せ集め集団に過ぎなかった座が団結と協調の意識で結ばれていきます。さあ、今夜はがんばるぞ!

読み合わせ!
  進行表はどんどん書き足され、次第ににぎやかに     

脚本完成!! さあ、練習始めるで!

夏季学校3日目 朝
さまざまな緊張を乗り越え、昨夜の内に8座の内6座で脚本が完成したようです。
残りの座も完成寸前までこぎつけています。
プレーホールに張り出された「劇づくり進行表」も、昨夕からどんどん書き足されていき、朝にはどの座も劇づくりが完成に近づいている様子が読み取れました。

この日は講座も実習もありませんから、一日中、ひたすら劇づくりに集中できます。
脚本が完成した座では、もう、読み合わせ練習が始まっています。
脚本未完成の座のなかには、稽古しながら書いていくところもありました。


立稽古1
      着実に役者の動きが決まっていきます

立稽古2 width=
     3年生が、1年生に優しくダメ出しています

夏季学校3日目 午後

全座で立稽古が本格化

すべての座の脚本が午前中に完成しました。例年に比べるとかなり順調な仕上がりです。午後からはほとんどの座で、"読み合わせ"から"立稽古"に入っていきました。


      こちらは脚本をはなして”通し稽古”に入っています


     先生座の立稽古。順調な仕上がりにみえました

午前中にOBOGたちがプレイホールに仮設舞台を準備してくれたので、午後にはいつでも大道具を置いて舞台稽古ができる状態になりました。


       練習に集中していて、となりの座の声など耳に入りません。

いくつもの座が練習するプレイホールでは、各座が出す大声が重なり合います。でも、集中しているみんなの耳には、よその座の声などまるで聞こえていないようです。
その他の座も、講習室や玄関ロビー、談話室など、館内の思い思いの場所で練習しています。


立稽古が進んでくると、当然、舞台装置、小道具、衣装などをどうするかを考えなくてはなりません。
テーブルはないか?いすはないか?と館内を探し回ります。




   実習「舞台装置づくり」で作製した演技台が活用されています

こんな時、実習「舞台装置づくり」で作製した舞台装置が役に立ちます。
今回製作した演技台もさまざまなところで活用されました。

照明とBGMは、OBOGたちが応援してくれます。3日目の午後になると、OBがどんな音楽(BGM)が欲しいかを聞き、インターネット上で探してくれます。
照明プランを提出すれば、本番での操作を引き受けてくれます。

卒業公演まであとわずか! 
みんなの目の色が変わってきました。どんな劇出来上がるのか、楽しみ!




   間もなく、夕食。そのあとはいよいよ本番です。


    途中で止まることなく、最後まで通せるようになりました。







  fu21.jpg


 夏季学校3日目・夜7時、卒業公演開幕です!

卒業公演プログラム
        卒業公演 プログラム

夏季学校3日目 
プレーホール(体育館)に集まってきたみんなは口数わずか。上演を目前にして、わくわくしながら心地よい緊張感を味わっているのでしょうか?
いよいよ座ごとで創作した劇の発表=卒業公演です。


今回の「集団創作_劇づくり」では「立体的な舞台づくりを工夫しよう」という課題が設定されています。これは、最近の演劇祭でよく見かける「左右に偏った人物の動き」「横並びで平板な舞台設定や人物配置」をどう克服したらいいかを考えてみよう、ということから設定されました。


午後7時、緊張と不安の中、プログラム1番、吉田座「屋上には」から卒業公演が始まりました。

卒業公演_笹井座「こわす」
 笹井座「こわす」

卒業公演_吉田座「屋上には」
 吉田座「 屋上には 」

 卒業公演_井上座「仲間?」
 井上座「仲間?」

卒業公演_大西座「部屋の鍵を開けて」
 大西座「部屋の鍵を開けて」

卒業公演_若林座「関係と答え」
 若林座「関係と答え」

卒業公演では、中学生の6座に加えて、OBOG座、先生座の8座が上演しました。例年にくらべると座数が少なかったので、時間をゆったりと取ることができました。


作品のテーマは、今年もいじめや生徒間の微妙な人間関係を描く題材が多く、最近の中学生の息苦しさを感じさせました。
しかし、多くの作品が単なる訴えや嘆きに終わらず、その原因を追求し解決の方向を見出そうとするなど、問題を掘り下げようとする姿勢が見られました。

卒業公演_森本座(OBOG座)
  森本座(OBOG座)「リピーター」

卒業公演_江口座
      江口座「キョウダイ」

中学生たちの上演が終わった後は、OBOG座と先生座の発表です。
OBOGは、裏方の仕事をこなしながら、いつの間に練習したのだろうと思わせる出来でした。高校生らしい瑞々しさ感性が光る楽しい劇を見せてくれました。


先生座は喫茶店を舞台に異母姉妹の遺産相続が題材。ユーモラスな展開と小道具のこけしを伏線に使った意外な幕切れに、さすが先生座!と大きな拍手が贈られました。

卒業公演 湯口座(先生座)
 湯口座(先生座)「三人姉妹」

今回の劇づくりの課題「立体的な舞台づくりを工夫しよう」については、どの座の劇にもさまざまな努力のあとが見られました。
人物の横並びや平板な大道具配置はほとんど見られませんでした。実習で製作した「演技台」をうまく組み合わせ、高低のある舞台を構成していた座がいくつもあったのがとても印象的でした。


どの座の劇にも短い日程の中でがんばり、時には台詞を飛ばしてしまうこともあったけどうまくアドリブでつなぎ、無事に幕を降ろすことができました。

短い時間で、初めて出会った他校生と劇作るのですから大変なこともあります。
でも、しんどいことをした人だけが、その分大きな感動を得ることができるのです。


上演を終わって

上演を終わって

終演後。
3日前に出会ったばかりの人も今は仲間。
緊張から解放された中学生たちは、
達成感に満たされながら、
ともにがんばった仲間たちと健闘を称え
合いました。




来年もまた、演劇夏季学校で会えることを願いつつ…。


このページのtopへ